労働災害で弁護士に依頼する理由

労災の被災者は会社に対して慰謝料等の請求をできると思っていない人が少なくありません。一方で会社側も労災の申請をして労災から受給していればそれで補償が済んでいるとおもっている会社も少なくありません。重症の労災事故で入院をしても会社側の人が見舞いに来ないということも多くあります。

労災の被災者の多くの方が、後遺障害によって事故前と同じ仕事ができなくなっています。仕事ができないことで会社を辞めざるを得ない人も多く、その場合再就職も容易ではありません。

こういう労災事故の被災者の方に弁護士がついて適切な補償を受け取るという点で、弁護士がサポートする意義があります。

詳しくは、「労働災害を弁護士に依頼するメリット」をご確認ください。