よくあるご質問

  • 仕事中の事故で、夫が亡くなりました。どのような補償が受けられるのでしょうか。
  • 遺族(補償)年金または一時金、葬祭料(葬祭給付)を受けることができます。 ご遺族が、労働基準監督署へ直接請求書を提出します。
  • 労働災害(労災)に遭い、重い後遺障害になり、今後家族や介護サービスなどからの介護を受けることが必要になりました。 どのような補償が受けられるのでしょうか。
  • 介護(補償)給付として、介護に要した費用を一定の範囲で支給が受けられます。 ご本人が、直接労働基準監督署に請求書を提出します。 <支給要件> ①障害(補償)年金または傷病(補償)年金の第1級または第2級で高次脳機能障害、身体性機能障害などの障害を残し、常時あるいは随時介護を要する状態にあること ②民間の有料介護サービスなどや親族、友人、知人から、現に介護を受けていること ③病院または診療所に入院していないこと ④介護老人保健施設などに入院していないこと これら①~④すべての要件を満たす必要があります。 <支給内容> 支給額は常時介護、随時介護で異なります。
  • 半年前に症状固定と医者から言われました。 それから通院はしていなかったのですが、最近、事故に遭ったときと同じ症状に悩まされています。 労働災害(労災)に関係していると思うが、もう補償は受けられないのでしょうか。
  • 一旦治癒・症状固定の状態になった傷病であっても、下記の要件をすべて満たす場合には「再発」として、再び補償を受けることができます。 <再び補償を受ける要件> ①傷病の悪化の原因が当初の業務または、通勤による傷病以外の原因によるものでないと認められること ②治癒時の状態からみて明らかに症状が悪化したこと ③療養によってその状態が改善される見込みがあること
  • 私は営業職で、営業先に向かう途中、交通事故に遭いました。 事故の相手方が加入している自賠責保険などから保険金を受けていいのでしょうか。また、業務中の事故なので、労災保険からも支給を受けれるのでしょうか。
  • 自賠責保険などから保険金の支払いを受けた場合、同一理由での労災保険給付は自賠責保険などから受領した金額を差し引いて支給することになります。(損害の二重てん補が生じないように) なお、休業した場合や後遺障害が残った場合に支給される特別支給金については、自賠責保険などからの支払いの有無にかかわらず支給されます。
  • 労災保険の手続きをする担当者が、「今回の事故は、労災にはあたらない」と言い、 労災の請求書の事業主の署名など、手続きを行ってくれません。
  • 労災保険の手続きは原則、被災された本人が自ら行っても問題ありません。 会社が事業主証明を拒否するなどやむを得ない場合には、事業主の証明がなくても労災保険の請求書は受理されますので安心してください。 労災保険としての給付対象になるのかどうかは,労働基準監督署長が様々な調査を重ねて判断します。 事案内容にかかる調査を行うのであって,事業主証明の有無が調査結果に影響することはないのです。
  • 業務中に怪我をしました。指定医療機関に行くように言われたけれど 指定医療機関とどういうところですか? かかりつけの病院・クリニックではだめなのですか?
  • 労災病院や労災保険指定医療機関のことを、指定医療機関といいます。 指定医療機関では、労働者の方々が仕事(業務)や通勤が原因で負傷したり病気になった場合、原則として無償で治療を受けることができます。 また、かかりつけの病院・クリニックが労災保険指定医療機関であるかは、事前に問合せてみるか、厚生労働省のホームページ(https://rousai-kensaku.mhlw.go.jp/)からも検索することができます。 やむを得ず指定医療機関以外で治療を受けた場合には、一旦治療費を負担しあとで請求することで、負担した費用の全額が支給されます。
  • 業務災害に遭い、現在治療のため、通院しています。 怪我で、車の運転ができないので、公共交通機関を利用しています。 交通費はでるのでしょうか。
  • 通院するための交通費については、一定の要件を満たせば、通院に要した費用の実費相当額が支給されます。 請求方法は、直接本人が、労働基準監督署に請求書を提出します。 <支給要件> ①と②の要件をどちらも満たす場合に支給されます。 ①労働者の居住地または勤務地から、原則として片道2km以上の通院であること ②同一市町村内の適切な医療機関へ通院した場合であること(適切な医療機関がない場合などには、同一市町村以外の医療機関への通院費が認められることがあります)
  • 通勤中に交通事故に遭いました。 労働災害(労災)保険の給仕申請に、事故証明書は必要なのでしょうか??
  • 交通事故証明書はご準備ください。もしも事故証明書が得られない場合は、交通事故発生届を提出します。 交通事故証明書の発行は、インターネットから行えます。 自動車安全運転センター(https://www.shinsei.jsdc.or.jp/) *申請条件があります
  • 休業補償の給付を受けるには、何か書類を提出する必要がありますか。
  • 「休業(補償)給付支給請求書」が必要になります。 業務災害の場合は様式第8号を、 通勤災害の場合は様式第16号の6を 労働基準監督署へ提出します。 様式は、厚生労働省のホームページからもダウンロードすることができます。 https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken06/03.html
  • 入院中は休業補償されると聞いたのですが、退院後は休業補償されないのですか?
  • 休業(補償)給付を受けるには、下記の①~③のすべての要件を満たす必要があります。 請求書方法は、本人が直接労働基準監督署に請求書を提出します。 <支給要件> ①業務上の事由または通勤による負傷や疾病による療養であること ②労働することができないこと ③賃金を受けていないこと 要件をすべて満たしている場合は、退院後も休業補償が給付されます。
  • 労災保険がおりたましたが、治療は長引きそうだと、お医者さんから言われました。 私も治療に専念したいのですが・・・いつまで休業補償は受けられるのか不安です。
  • 休業補償は、治癒または症状固定(これ以上回復が見込めない状態)となった場合まで給付されます。 休業給付が支払われる期間としては、事故から4日目(業務災害の場合、3日目まで事業主による休業補償が払われます)~最大で1年6ヶ月までとなります。 ただ、最大の1年6ヶ月を過ぎてもなお、症状が改善せず仕事ができない状態・障害の程度が重い場合には傷病(補償)年金を受けることができます。 傷病(補償)年金は、自分から請求する休業補償給付と異なり、労働基準監督署長の判断で支給が決まります。 1ヶ月以内に「傷病の状態等に関する届」という書類を書き、労働基準監督署に提出します。 (支給要件は、法令で定められた傷病の程度(傷病等級)に該当し、その状態が継続している場合です。) 傷病年金と休業補償給付は、重複して受け取ることはできません。
  • もし事業所が閉鎖したら、最初の3日分はもらえないの?
  • 一定の条件を満たすことで、労災保険から「休業補償特別援護金」がもらえます。